近視を治す方法

原因

症状

治療

予防

視力矯正

サプリメント

疲れ目が近視を招く

近視の原因とは?」からの続きです。

スマホ病?
現代社会というのは、近視になりやすい環境が揃い過ぎているようにも思います。

パソコンの普及で、オフィスにおきましても一人に一台のパソコンの使用は当たり前の時代になりました。

仕事で長時間のパソコン業務を行って、プライベートタイムでもパソコンやスマホを使えば当然、目の酷使ということになるわけであります。

そうすると疲れ目となって、近視やドライアイ、あるいは頭痛などという身体の不調が出てきてしまうわけであります。


増加傾向にる大人の近視
疲れ目というのは、昔から視力の低下を招くと言われておりまして、特に問題とされているテレビやパソコン、そしてスマートフォンは、一点を凝視することになります。

液晶画面の一点を長時間に渡って凝視しますと、瞬きの回数が少なくなってしまい、その結果ドライアイになる可能性がたかくなります。


パソコンなどの操作に熱が入りますと、ジッと画面に見入ってしまうのは、例え大人であっても子供であっても同じなわけであります。

昔は、成長が止まれば視力の低下も止まると言われておりました。ところが最近、成人した人でも近視になる方が増えていると言われております。


ということで、ただでさえ日本人には近視の人が多い状況の中、さらに近視の人口が増えているのが実情です。

本来であれば、液晶の画面を凝視してしまうパソコンの作業やテレビを見るという行為は、一時間ごとに休憩する必要があるとされておりますが、なかなかそれを実行している人って少ないのが現実なのです。



TOP PAGE