近視を治す方法

原因

症状

治療

予防

視力矯正

サプリメント

近眼人生の始まりは?

視力検査で指摘される近視
おそらく多くの方の記憶にもあると思うのですが、小学生時代の視力検査のことです。

小学校では必ず、定期的に視力検査が実施されていたはずですよね。


その視力検査において視力の低下が指摘されて子供は、あらためて眼科で診察を受けるように進言されて、その結果としてメガネをかけるようになるわけです。

このようにして、その子供の近眼人生がスタートすることになります。


近視は近眼とも呼ばれておりまして、日本という国におきましては子供時代に視力が低下する確率が非常に高くなっております


先進国ほど高い近眼率
近視になる近眼率は、先進国ほど高くなる傾向にあるとされています。ただ日本では、そこそこ成長しますとコンタクトレンズの使用に切り替える方が多いため、ずっとメガネだけで通す人は少なくはあります。

コンタクトも、昔のプラスチック製の時代から比べますと、格段の進化を遂げていますから当然のことかもいせません。


かくいう私も、初めて使い捨てコンタクトを装着した時は視力が回復したと思ったものです。それほど今のコンタクトは装着感に優れたものがあるということです。

メガネが高屈折レンズのお陰でレンズが薄くなり、コンタクトの性能が向上したと言っても近眼の人の数が減少しているわけではありません。実のところ、近眼の人口は非常に多いわけであります。

そしてつい一口に近視と言ってしまいますが、近視には種類があります。そんな近視の種類につきましては、次にご説明させていただきます。


※こちらに続きます。
>>>近視の種類



TOP PAGE