近視を治す方法

原因

症状

治療

予防

視力矯正

サプリメント

近視と遠視

体調にも影響される視力
人は誰しも体調が良くない日だってあるものです。

いくら健康的な人だって、毎日が絶好調などということはあり得ませんよね。

体調の良くない日に、それが視力に影響することもあるでしょう。

あるいは、もの見え方そのものの調子がよろしくないということもあると思います。


誰だって年は取りたくありませんが、これは避けては通れないこと。そして年齢を重ねてまいりますと、徐々に眼球の能力も低下してまいります。

ということでご高齢の方たちの中には、視力の低下で物が見え辛くなって苦慮されているケースもたくさんあります。


視力の低下〜近視と遠視〜
ただ、視力の低下という側面から考えますと、これはなにも老化が原因だけではないわけです。早ければ、小学生のころから視力の低下が始まる近視などもありますからね。

視力の低下には色々な種類がありますが、そんな中の代表格と言えるのが近視と遠視ということになるでしょう。眼科とか視力検査の場などでは、良く耳にするフレーズではないでしょうか?


さてそれでは近視と遠視を比較した場合、どのような違いがあるかご存知ですか?

日本人には近視人口が大変多いと言われておりますので、近視というものがどういうものなのかご存知の方も多いと思いますが、簡単に説明しますと近くにあるものは良く見えるのに、遠くにあるものは良く見えないという症状のことです。

なぜ遠くにあるものが見えないのかと言いますと、近視は眼球の前の方で焦点を合わせてしまうからです。


※こちらに続きます。
>>>適切な治療が必要な遠視



TOP PAGE