近視を治す方法

原因

症状

治療

予防

視力矯正

サプリメント

適切な治療が必要な遠視

※「近視と遠視」からの続きです。

屈折性近視と軸性近視
視力の低下のは、色々なケースがあるわけでありますが、その代表と言えるのが近視と遠視だと思います。

近視は、遠くを見ようとした時に、眼球よりも前の方で焦点を合わせていまうのでハッキリと見えないわけであります。


そしてこの近視には、屈折性近視と軸性近視の二つの種類があります。

(1)屈折性近視・・・屈折異常の一つである屈折性近視は、光が並行で眼球の中に入るのに、調節能力が低下しいるため、本来の正しい網膜上の一ではなく、手前に焦点が合ってしまう状態です。

(2)軸性近視・・・軸性近視は、眼球が普通の人よりも前後に長くなっていて、必然的に水晶体と網膜の距離も長くなっております。そのために網膜よりも前の方に焦点を合わせてしまうわけです。


あまり単純な比較はできませんが、軸性近視は軽度の近視の人に多く、軸性近視は、近視が重度というケースが多い傾向にあります。


軽度と重度の遠視
さて遠視についてですが、こちらは遠くにあるものも近くにあるものもハッキリと見えない症状です。

年齢が若く、そして軽度の遠視という条件であれば、近くにあるものはハッキリと見えなくても、眼球の調節能力で遠くにあるものはしっかりと見ることができるケースもあります。


ただ残念なことに、これが重度の遠視ということになりますと、遠くもそして近くも焦点を合わせることができずにハッキリと見ることができません。

この症状は、近視とは反対に網膜の後方で焦点が合ってしまう状態によるものです。


遠視は重度になってしまいますと、何処に対しても焦点を合わせることができません。しかし、水晶体は何とか焦点を合わせようと努力を続けてくれます。

この涙ぐましい頑張りは、目にとって大き過ぎるのです。その結果待ち受けているのが、眼精疲労ということになるわけです。

このような事態を避けるためにも、遠視の方が近視よりも適切な治療が必要であるとされております。



TOP PAGE