近視を治す方法

原因

症状

治療

予防

視力矯正

サプリメント

近視と老眼

老眼の比率が高い日本
日本人には、昔から近眼や老眼になっている人が多いと言われております。

外国人が漫画などで日本人を描く時に、必ずと言ってよいほどメガネをかけていることからもなんとなく分かるような気もします。


老眼は、悲しいことにある年齢がやってきますと必ずなってしまうものです。だれも老化にストップをかけることはできませんからね。

世界的な傾向にあることではありますが、いち早く高齢化社会に突入している日本では、当たり前のことでありますが、老眼の比率も非常に高くなっているわけであります。


増加傾向にある近視率
日本人に近眼が多いという事実は世界的にもよく知れ渡っていることです。日本人に近眼が多いという見方は、昭和の時代に“日本人は勤勉でメガネをかけている”というイメージがアメリカで定着してしまったことから始まっているんですね。

今の時代は、近視矯正の技術も進歩しておりまして、目に優しくて使い心地の良いコンタクトが増えた結果、こちらの利用者が急増しておりますし、その反対にメガネをかけている人は激減しているわけであります。


管理人の私が、初めてコンタクトを使った時はプラスチック製でしたから、非常に装用感の悪いもので誰でもが使えるというものではありませんでした。

保存だって水道水だったんですよ。

だからと言って近視の人が減っているわけではなくて、逆に近視率はますます増加傾向を見せております。


日本では、近視と老眼はどちらも非常にその疾病率が高いわけでありますが、原因や症状までもが同じというわけではありません。

近視と老眼を比較した時、その目の状態が違うわけですから当然のことですね。


※こちらに続きます。
>>>近視と老眼の違い



TOP PAGE