近視を治す方法

原因

症状

治療

予防

視力矯正

サプリメント

近視と老眼の違い

※「近視と老眼」からの続きです。

近視と老眼の比較
ここでは近視と老眼を比較してみたいと思います。

近視は、近くの物には焦点が合いますので良く見えますが、その反対に遠くのものはピントが合いませんのでぼやけてしまうことになります。

近視は、圧倒的に成長期にある子供の時に発症するケースが多いことは皆さんもよくご存知のことと思います。


さてそれでは老眼はどうなのでしょうか?老眼は、年齢とともに近くのものに焦点を合わせることができなくなります。眼球の筋力というのは、年齢を重ねてまいりますと徐々に衰えてしまうので仕方のないことではありますね。

もちろん、衰えるのは眼球の筋力だけではありません。

眼球の筋力が衰えた結果、焦点を合わせることが困難になってしまうわけであります。通常老眼は、40歳を過ぎたころから始まると言われております。


老眼になると近視が改善される?
ところで老眼になると近視が改善されるなどという都市伝説のような話を時折耳にすることはありませんか?老眼が始まったからと言って近視が改善されることはありません。

ですから近視の人が老眼になったからと言って遠くの物が見えるようになることはないわけであります。だからこそ、遠近両用のメガネであるとか遠近両用のコンタクトレンズが存在しているわけであります。


遠近両用のメガネで言えば、新聞などを読むような近くを見る時は視線を下に向けますのでレンズの下を老眼用、上を近眼用にしているわけですね。

コンタクトレンズの遠近両用は、各社工夫を凝らしてそれぞれ構造が違っておりますので見え方も微妙に違ったものになります。



TOP PAGE