近視を治す方法

原因

症状

治療

予防

視力矯正

サプリメント

近視とアントシアニンの効果

抗酸化作用が強いアントシアニン
ポリフェノールの一種であるアントシアニンというのは、ブルーベリーやブドウ、サツマイモの皮、赤紫蘇、なすなどに含まれている青紫色の色素成分です。

そしてアントシアニンには、かなり強い抗酸化作用がありまして、目の機能の向上させる働きを持つと言われております。とういうことで実は近視の抑制にも効果があるわけなんですね。


※参考までに、アントシアニンのその他の働きについても追記しておきますね。
(1)肝機能を改善する働き
(2)毛細血管を保護する働き
(3)血小板凝固を抑制する働き
(4)動脈硬化を予防する働き


以上のような効果があると言われております。これらの働きを見ますと、成人病の予防にも効果があるということになりますね。


アントシアニンが豊富なブルーベリー
ただ、近視に良いからといってアントシアニンを摂取してすぐに近視が一気に良くなるかと言えば、サプリメントのような物に即効性があるはずありませんので、その辺はご注意いただきたいと思います。

先ほども少し触れましたが、ポリフェノールの一種であるアントシアニンはブルーベリーに含まれております。ブルーベリーが目に良いというのは一般的にもよく知られていることと思いますが、それはアントシアニンのお陰だったんですね。


抗酸化作用のあるアントシアニンですが、より一層活性酸素を取り除く働きを効果のあるものとするためにはビタミンCと一緒に摂取すると良いでしょう

アントシアニンとビタミンCを効率よく摂取するためには食材からは無理がありそうですので、ここはやはりサプリメントを積極的に利用すべきですね。


※こちらに続きます。
>>>アントシアニンが含まれているブルーベリー



TOP PAGE