近視を治す方法

原因

症状

治療

予防

視力矯正

サプリメント

暗い場所で本を読むと視力は低下するの?

本当に視力が低下するの?
子供の頃、親御さんから「暗いところで漫画を読んでいたら目が悪くなるよ」などと言われたことありませんか?

最近だとスマホや携帯の方が多いかもしれませんね。

言われている通り、暗い場所で本などを読んでいたりすると、読み辛いこともあって視力が低下しそうな気もします。


しかしながら何年か前のイギリスのお話なのですが、彼の国の医学会が出版している雑誌に、ある記事が掲載されたことで大変な注目を集めたことがありました。

その注目の記事とは「照明の明かりが不足しているような暗い場所で本を読むことと視力が低下すること、そこには何の因果関係もありません」というものでした


俗説に過ぎないらしい
暗い場所で本を読むことと視力が低下するということに対して何の因果関係もないと主張する、同雑誌に掲載された論点をここにまとめてみたいと思います。

「暗い場所で本を読むことと視力が低下する」という通説は、想像するに照明の光量不足によって見えにくいものを無理をして見ようとするところからくる眼精疲労により視力が低下すると主張しているわけですが、実はその影響力というものは継続されるものではありません。


その昔、電気などという文明の利器がなかった時代というのは、現代よりも照明の条件には劣悪なものがあったはずです。

なにしろ蝋燭やランプという照明設備しかなかった時代もあったわけですからね。そのような環境の中で本などを読んでいたわけでありますし、目の悪くならない人はならなかったわけです。


※こちらに続きます。
>>>暗い場所で本を読んでも視力は低下しません



TOP PAGE