近視を治す方法

原因

症状

治療

予防

視力矯正

サプリメント

暗い場所で本を読んでも視力は低下しません

※「暗い場所で本を読むと視力は低下するの?」からの続きです。

単なる俗説
照明設備が現代のように整っていなかった時代は、蝋燭やランプの明かりで書物を読んでいたはずであります。そのような環境の中でも、視力が低下しなかった人たちはたくさん存在しました。

以上のような事から考察して、暗い場所で本を読むと視力が低下するというお話は、単なる俗説であるというふうに結論付けているわけです。


かつての通説に従えば、ろくな照明設備のなかった時代の人たちと比較して、充実した照明環境にある私たち現代人の方が非常に恵まれた環境にあるはずですから、近視の人はもっと少なくなくてはならないはずです。

ところが現実には、非常に近視の人は増えているわけであります。


目に良いわけではありません
もっと細かい内容はあるにしても、大まかには以上のような内容を根拠に専門家が暗い場所での読書が近視へと導く直接的な要因にはならないと発表しました。

ただ現実問題として、暗い場所での読書が目に良い影響を与えるはずはありません。

明かりの少ない暗い場所で物を見るということは、瞳孔は大きく開いて焦点は合わせにくい状態になってしまいます。


このような状態は、やはり目の周りの筋肉に負担がかかるために疲れやすくなります。こんな状態が目に良いわけありませんので暗い場所での読書は止めておきましょう。

読書は、充分な明かりのもとで姿勢を正して行うべきものなのです。読書は健康的に、そして楽しくということが基本だと思います。



TOP PAGE