近視を治す方法

原因

症状

治療

予防

視力矯正

サプリメント

軸性近視と診断されたら?

※「軸性近視とは?」からの続きです。

網膜剥離が起こりやすい軸性近視
軸性近視(じくせいきんし)は、眼球が大きかったり奥行きが長い人に起こりやすい近視の症状です。このような眼球の構造は網膜が常に引っ張られた状態にあるために、網膜が薄くて網膜剥離が起こりやす状態にあると言えます。

さらに軸性近視というのは、その構造から考えてもお分かりいただけると思うのですがトレーニングによる視力回復は難しいんですね。

そんなことから眼科などで診察を受けた結果、軸性近視が明らかになった方に対しては、手術を進められることが多いようであります。


手術の可能性
視力の矯正自体は、他の近視と同様にコンタクトやメガネでも何とかなりますが、当然レーシック手術という選択肢もあります。

しかしながら、レーシック手術というのは視力を矯正するための手術であって、網膜剥離の危険がなくなるわけではありません。

もし仮に、軸性近視による網膜剥離の予兆があるようであれば、そのための手術を考える必要が出てまいります。


視力矯正のための手術や、コンタクトやメガネで視力を矯正しても網膜剥離の危機がなくなるわけではありません。

眼科で軸性近視と診断されるようであれば、先々のことも含めてよく対処の方法を相談をするべきですね。何と言っても、最低限網膜剥離だけは避けなければいけませんからね。

※網膜剥離(もうまくはくり)とは?
網膜剥離とは、硝子体(しょうしたい)に網膜が引っ張られることで網膜から神経網膜が剥がれることによって視力を失う眼の疾患のことです。



TOP PAGE