近視を治す方法

原因

症状

治療

予防

視力矯正

サプリメント

視力回復に効果のある太陽と魚腰

※「ツボを刺激して視力回復できる?」からの続きです。

毛様体の筋力を回復させる
東洋医学におけるツボ押しの効果は、WHO(世界保健機関)も認めているところであります。そのツボ押しが視力の回復にも有効なんですね。

もちろん、ツボへの刺激が全てのケースで有効というわけでありませんのでご注意下さい。ツボ押しの効果には、個人差がありますので過大なる期待は禁物です。


そもそも視力が低下するのは、眼球周辺の筋肉が衰えることで機能低下して引き起こされると言われております。

眼球には水晶体を支えつつ、焦点を合わせるための調整を司る組織の毛様体があります。目のツボを刺激することで眼球周りの血行が良くなって毛様体の筋力が回復し、焦点を調節する機能がアップしますので、視力もまた回復することになるということです


“目医者ごろし”と呼ばれるツボ
視力回復に有効なツボとして、最も分かりやすいのは「太陽」と呼ばれるツボです。この「太陽」と呼ばれるツボは、こめかみのところにありますので、この部分を親指で刺激してあげると良いでしょう。

実はこの太陽というツボは、昔から“目医者ごろし”と言われるなどして目の良いと考えられているツボなんですね。

もしこのツボの場所が分からないようであれば、ちょっと歯をカミカミしてみてください。その際に、こめかみで動いている場所が太陽です。


ところで視力の低下は、近眼によるものだけではありません。年齢によっては老眼からくる視力の低下もあります。損あん時に効果のあるツボが「魚腰(ぎょよう)」と呼ばれるツボです。

魚腰は、眉毛の真ん中付近にあることから「眉中(びちゅう)」と呼ばれることもあります。

視力を回復させるために効果があると言われるツボの多くは顔にあるんですね。ちなみにツボを刺激するマッサージを行うにあたっては、手をよく温めてからの方がより効果を期待することができるということです。



TOP PAGE