近視を治す方法

原因

症状

治療

予防

視力矯正

サプリメント

近視の視力の測り方

視力の検査表による測定
近視の度数を測る方法としましては、メガネ屋さんや学校の保健室などに張り出してある視力の検査表で測定することが、まず頭に浮かぶのではないでしょうか?

あの視力の検査表には、大きさの異なる○文字の一部が欠けているものが並べられた表にあるその文字の欠けている方向を答えることで、視力を測定するのは皆さんも経験のあることと思います。

小学校や中学校で行われた視力検査を思い出すかもしれませんが、片方の目をスプーンのようなもので塞いで測ったものですよね。


測定器による測定
視力の測定方法も、当然のことながら進化しておりまして、視力の測定器を覗きこんで行うことになります。

学校を卒業してしまいますと、視力検査を行う機会と言えば、免許の書き換えであったり会社などで実施される健康診断、さらにはメガネやコンタクトを作る時などに経験することになりますね。


そして前述した通り、今現在実施される視力測定で使われるものは壁に貼りだされた測定表ではなく、測定器を覗きこんで測ることになるはずです

視力の測定器も日進月歩で進化を遂げておりまして、今の時代のメガネ屋さんやコンタクトショップなどで使われている測定器は、かなり精密にできております。

何しろ、視力測定マシンで乱視まで測定することができるようになっていますからね。逆に言えば、コンピューター測定器を使うことなく、昔ながらの視力の測定方法を行っているようなメガネ屋さんでメガネを作ることは、ちょっと二の足を踏んでしまうかもしれませんね。


※こちらに続きます。
>>>近視度数の単位ディオプター



TOP PAGE