近視を治す方法

原因

症状

治療

予防

視力矯正

サプリメント

視力回復トレーニングのやり方

※「視力回復トレーニングってどう思います?」からの続きです。

視力回復トレーニング
ここでは具体的な、自分でできる視力回復トレーニングについてご紹介したいと思います。

まず手始めに、軽く眼の筋肉に意識を向けるような運動から眼球のトレーニングにチャレンジする形で取り組んでみましょう。

眼球を動かす筋肉に意識を向けて、眼球を上下、そして左右に動かす。さらにはねね目の方向に視線を向けたり、回転させるように目を動かします。これだけの運動なのですが、最初は、動かし方に戸惑いがあるかもしれません。

そんな時は、自分で焦点となるものを用意してあげるとよいでしょう。例えば、ご自身の人差し指を目の前にかざすと眼球を動かしやすくなるはずです。このような運動を行うことで、眼球周りの血行を促進することができます。

また、低下した眼球周辺にある筋肉の筋力アップを図ることができます。この方法って、色々なところで取り上げられることがありますのでご存知の方も多いかもしれませんね。でも、なんだかんだでこの方法はやはり効果があるということなのです。


遠近トレーニング
次に遠近トレーニングについてご紹介しますね。遠近トレーニングも、非常に簡単な方法になります。まずはご自身の目の前に、人差し指やボールペンなどの筆記具をかざして、その先を数秒間見つめてください。

その後、極力遠方にある目印となるもの、例えば建物などをみましょう。目の前のものと遠方のものを交互に見るトレーニングが遠近トレーニングになります。この運動の目的は、物を見るときに焦点を合わせる毛様体筋を鍛えることにあります。

以上のように、視力回復トレーニングや遠近トレーニングを行、眼球周りの筋肉を鍛えることで視力を回復できる可能性があるのです。残念ながら、全ての人に効果があるとは言えませんが、やってみなければ分からないということです。



TOP PAGE